顧問弁護士とは

顧問弁護士は、会社の経営に当たってとても重要な存在です。
会社を経営する中では企業法務と呼ばれる法律が関わる問題がたくさんあります。
クレームや取引先との仕事のトラブルの対処といった起こったことへの対応だけでなく、契約書の内容チェックや従業員へのコンプライアンス研修といった予防もありますし、新製品の開発とその特許や商標登録、さらには最近では買収や合併といった戦略的内容でも法律的見地が求められるようになりました。
これだけ多岐にわたる分野について経営者や法務部の職員が精通していくことは難しいものです。
そこで、法律の専門家である弁護士を雇い入れて相談やアドバイスをもらうことを考える経営者が多くいるのです。

顧問弁護士を雇うことは無料ではありませんし、かなりのコストがかかります。
毎月顧問料の支払いが発生しますし、トラブルに対処してもらったり相談案件が多い場合には顧問料だけでは対応してもらえず追加の相談料を支払う必要性があります。
顧問料だけでも毎月3万円から5万円が相場で、会社の規模や弁護士の知名度によってはそれ以上の支払いが必要ですし、追加の相談料は一般的な弁護士への相談料と同じ程度必要です。
これだけのコストがかかるなら必要な時のみ弁護士に相談をすればよいのではないかと考える人もいますが、これだけのコストがかかっても多くの企業が顧問弁護士を雇い入れるのには理由があります。
そこで、ここでは顧問弁護士の必要性について紹介をしていきます。



★特選外部サイト
会社の経営で重要な顧問弁護士と年額費用4万円から契約できるサイトです ⇒ ⇒ 顧問弁護士 費用

Copyright © 2014 顧問弁護士の必要性 All Rights Reserved.